TAS-X6とTAS-X5の違いを比較したら7つありました。東芝ラクーエス衣類スチーマー

家電

東芝の人気のコードレス衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)シリーズTAS-X6とTAS-X5の違いを比較しました。

2021年11月に東芝のコードレス衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)シリーズのTAS-X6が発売予定です。
2019年11月に発売されたのがTAS-X5です。

どちらもコードレス衣類スチーマーLa・Coo S(ラクーエス)シリーズでTAS-X6とTAS-X5の違いを比較すると

  • 価格の違い
  • 最大スチーム量
  • スチーム持続時間
  • タンク容量
  • ワンプッシュ連続スチーム
  • 給電タイミングを通知
  • 低温設定でもスチーム噴射可能

など7つの違いがあります。
今回は東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5の違いについて詳しくお伝えします。

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6(2021年) こちらからチェックできます!
↓ ↓ ↓

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X5(2019年) こちらからチェックできます!
↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5違いを比較

TAS-X6もTAS-X5の違いは7つあります。

  • 価格の違い
  • 最大スチーム量
  • スチーム持続時間
  • タンク容量
  • ワンプッシュ連続スチーム
  • 給電タイミングを通知
  • 低温設定でもスチーム噴射可能

それぞれの違いを詳しくお伝えしたいと思います。

価格が違う

まず気になる価格をAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングで確認しました。
TAS-X6 16,280円、TAS-X5は9,500円が最安値でした。
2021年10月時点 価格は変動しますのでご確認ください。

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
TAS-X6取り扱い無し16,280円16,280円
TAS-X5 9,500円10,210円9,880円

TAS-X6は新モデルなので、TAS-X5の旧モデルより6,780円ほど高くなりますよね。

6,780円の違いはとても大きいのでそれだけ払って新モデルTAS-X6にするか、旧モデルTAS-X5で十分なのか機能の違いを詳しくお伝えしますのでご参考にしてください。

最大スチーム量

新モデルのTAS-X6は、スチーム量が最大14g/分になり、TAS-X5に比べて約16%もアップしました。

●TAS-X6:14g/分 (コードレス時)
●TAS-X6:12g/分 (コードレス時)

本体の構造を見直し、東芝独自の充電回路と電動ポンプを搭載することで、コードレス状態でも充電回路に蓄えた電力によって電動ポンプを駆動させ、基板からの電力供給が可能となって、電動ポンプが強制的に水を気化室に送り込むことができるようになりました。

もう少し簡潔にご説明すると、本体にバッテリーがあるような感じで、コードレスでも必要な電力を使えるようになったということです。

頑固なシワやにおいが気になるときや、お出かけ前の忙しい時に、パワフルなスチームがあると、サッとシワを伸ばしてくれそうですね。

スチーム持続時間

TAS-X6は大容量蓄熱ユニットによって、TAS-X5と比べてコードレスでもスチーム持続時間が約30秒延びて、最長2分間続きます。持続時間1.5倍になったということなので、使用感としてはかなりの差です。

あと少しで全体のシワを伸ばせるというときに、スチームが切れてしまってはがっかりですよね。この30秒はありがたい企業努力と言えそうです。

●TAS-X6:約2分(コードレス・高スチーム)、約10分20秒(コード付き、中スチーム)
●TAS-X6:約1分30秒(コードレス・高スチーム)、約7分10秒(コード付き、中スチーム)

タンク容量

水タンクは外形のサイズはそのままで、水タンクと本体外壁の一部を一体化することで、水タンク容量を約50ml増加させて、約115mlが入るようになりました。ほぼ倍近い増量です。

コードを付けて使用する場合なら、途中に給水することなく、スチームが約10分20秒持続します。これなら厚手の衣類をスチーム掛けする時でも安心ですね。

●TAS-X6:115ml
●TAS-X6:65ml

ワンプッシュ連続スチーム

TAS-X5は、スチームを使用する時はスチームレバーをずっと引いている必要がありましたが、TAS-X6はスチームボタンを一度押すだけで、スチームを出し続けてくれるので、手の負担が軽減されて、操作が楽になりました。

もう一度ボタンを押すと停止しますが、もし忘れても給電スタンドに戻すと自動的に停止するので、切り忘れの心配をする必要がありません。

給電タイミングを通知

TAS-X5は電力供給されないため、コードレスの場合、設定温度の表示や給電のタイミングの通知ができませんでした。TAS-X6は、充電回路からの電力供給によって、それらをランプとブザーで通知してくれるので、適温でスチームがけすることができます。

小さな変化だと思われるかもしれませんが、コードレスで使いたくても、設定温度を保てなかったり、給電のタイミングが気になって、結局コードを付けて使うということがありがちなので、この機能はとても便利だと思います。

低温設定でもスチーム噴射可能

TAS-X5は、低温設定ではかけ面の温度が低くなるため、スチームの使用が十分にはできませんでしたが、TAS-X6は低温にも対応し、前温度でのスチームがけが設定可能になりました。デリケートな素材でもスチームがつかえるので、アイロンがけの幅が広がります。

どちらかというとデリケートな素材ほど、スチームを使ってすばやく仕上げて、傷みを防ぎたいですよね。これならスカーフやブラウスなどにも使えそうです。

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5の仕様の違い

TAS-X6 (2021)TAS-X5(2019)
消費電力100V-1200W
(50/60Hz共用)
100V-1200W
(50/60Hz共用)
コーティングシルバー
セラミックコート
ニッケルコート
スチーム持続時間・約2分(コードレス
高スチーム)、
・約10分20秒(コード付き
中スチーム)
・約1分30秒(コードレス
高スチーム)、
・約7分10秒(コード付き
中スチーム)
スチーム量・最大 約14g /分
(コードレス時)
・最大 約20g /分
(コード付き時)
・最大 約12g /分
(コードレス時)
スチーム孔14個14個
水タンク115ml65ml
最長使用時間
(コード付き時
中・スチーム設定時)
約10分20秒約7分10秒
温度調節低/中/高低/中/高
本体寸法(mm)179×71×130179×71×137
収納時寸法(mm)228×90×174mm228×90×185mm
質量(kg)0.690.71
カラー・ライトブルー
・グレー
・ゴールド
・ローズレッド
スポンサーリンク

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5の特徴について

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5どちらとも、コードレス・コード有り、 衣類スチーマー・アイロンとして使うことができます。

使い勝手が良い

斜め下向きでもスチーム噴射

TAS-X5とTAS-X6は、斜め下向きでもスチームが噴射するので、ハンガーにかけたままの衣類にも楽にアイロンがけをすることができます。

スチーム孔が従来品では8個だったのに対して、14個に増えて、スチームラインも前後左右に大きく伸びています。

スチームが広い範囲にかかるので、効率よくアイロンがけができますね。

スチームはワンプッシュで連続噴射

スチームはTAS-X5とTAS-X6の両方とも、連続使用が可能です。TAS-X5はスチームレバーを引いている間は出し続け、話すと止まります。

TAS-X6はボタンを押すと出して、もう一度押すとストップするという仕組みです。

TAS-X5とTAS-X6のハンドルの形状は異なっているので、どちらが良いかは好みの分かれるところかもしれません。

充電はランプと音でお知らせ

コードレスで使う場合、充電切れが気になりますね。TAS-X5は充電スタンドに置き忘れたときに音で知らせてくれて、その後自動的に温度を下げてくれます。

TAS-X6は、充電が少なくなると、コードレスでもランプとブザーで知らせてくれます。

TAS-X6は、給電の回数が少なくて済みそうですね。

排水も簡単

TAS-X5とTAS-X6の排水は、給水口のフタを外して捨てるだけです。

水分をきれいに捨てるのは、水漏れや腐食の防止になりますので、簡単に捨てることができるのは大切な機能と言えます。

オートパワーオフで安心

TAS-X5とTAS-X6は、電源を切り忘れても、約10分後に自動で電源を切ってくれます。

忙しくしていると、後でちゃんと電源を切ったか気になってしまうことがありますが、これなら安心ですね。

アイロンとしても使いやすい

TAS-X5とTAS-X6は、アイロンとしても使いやすいよう工夫がされています。
かけ面の上部には突起が出ていますが、実はこれはボタン回りなどの細かいところのシワを伸ばしやすいようにという配慮です。

ワイシャツの袖のボタンの間にもキッチリかけることができるので、気持ちがいいですね。

アイロンをかける面は、スチームラインが施されていて、スチームがムラなく広がるように作られています。

TAS-X5はニッケルで、TAS-X6はセラミックでコーティングされているので、衣類の表面を滑りやすいですね。

スチームの効果

スチームを高温で使う場合、シワを取るのと同時に、脱臭、除菌、アレル物質(スギ花粉・ダニ由来)低減効果があります。
洗えない衣類の臭いや、花粉が気になったりしたときに、この機能は助かりますね。

スポンサーリンク

【必見☆】Amazonで東芝のコードレス衣類スチーマーを安く買う方法!

Amazonチャージのアカウントにチャージしてからお買い物をすると、東芝のコードレス衣類スチーマーがお得に買えますよ~

コンビニ・ATM・ネットバンキングで5,000円以上チャージするだびに、チャージ金額に応じてプライム会員は最大2.5%、通常会員でも2.0%のAmazonポイントがたまります。

Amazonでお買い物するなら、チャージしてからお買い物してくださいね。

→アマゾンチャージを見てみる

スポンサーリンク

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5の違いまとめ

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6もTAS-X5の違いをまとめました。

TAS-X6の方が水タンクの容量が大幅に増え、よりたっぷりのスチームで長い時間アイロンがいろいろな面でバージョンアップされていますよね。

また、低温でもスチームが使えるので、デリケートな布地もスチームでお手入れできるのも便利ですよね。

TAS-X5もかけ面の全面に開いているスチーム孔から、まんべんなく出るスチームで衣類のお手入れができますし、すべりの良いニッケルコートでラクにアイロンがけができます。

お値段の違いもありますので、使う人の用途がどこに重きを置いているのかによって、どちらが合うのか考えてみるといいですよね。

東芝のコードレス衣類スチーマー選びに参考になれば幸いです。

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X6(2021年) こちらからチェックできます!
↓ ↓ ↓

東芝のコードレス衣類スチーマーTAS-X5(2019年) こちらからチェックできます!
↓ ↓ ↓

タイトルとURLをコピーしました